2019年01月06日

将来のキャリアにつながる大学選びとは?

【ご出演】

アドミッションセンター長

人文社会科学部就職委員長 

高橋 俊 先生

190106_univ.JPG

以前は、

「特に勉強したいことはないけど、

 親が大学ぐらい行っておけというので、

 なんとなく入った」

「偏差値で自分が入れる大学を選んだ」

「学部はどこでもよかった」という

学生が多かったのが、今は、高校、

場合によっては中学校から

「将来何になりたいか」を考えさせる

『キャリア教育』を行なったり、

課外活動でも、「社会人」の話を聞いたりと、

学校の外でさまざまな実習をする機会が

増えているそう。 


今回の番組では高橋先生に、

「自分が何をやりたいのか」、

「どういった道に進みたいのか」を考え、

それに合った進学先を選ぶことの重要性を

あらためて語っていただきました。


とはいえ、

そればかりに縛られることも

あまりお勧めできないと

先生はおっしゃいます。


そこには、さまざまな分野を学べる

総合大学である高知大学にも当てはまる

”ある理由”がありました・・・。



♪今週のインタビューは⇒⇒コチラ   


スマホでFM高知の放送が聴けます!

wiz_radio_icon_650.jpg





posted by Hi-Six at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

災害ボランティアを通して見えてきたもの

【ご出演】

 地域協働学部 准教授 大槻知史 先生


(学生)檜垣 真子 さん、檜山 涼 さん、

    森野 純夏 さん(全員1年)


181230_univ.JPG


今年7月の西日本豪雨で

大きな被害を受けた愛媛県で

ボランティア活動を行なってきた

地域協働学部の学生が出演。


実際に現地に入って

1日通して活動をする中で

大きな気づきや反省点など

さまざまなことを

学ぶことができたようです。



♪今週のインタビューは⇒⇒コチラ   


スマホでFM高知の放送が聴けます!

wiz_radio_icon_650.jpg


posted by Hi-Six at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

「四国初のウミガメ同好会 かめイズムの活動について」

【ご出演】

かめイズム会長

理学部生物科学コース 

4年生 高田 光紀 さん


181223_univ.JPG


もともとウミガメに興味を持っていた高田さんが、

高知大学 海洋動物学研究室(通称:甲ら研)の

ウミガメ調査などに参加させてもらううち、

”学年や学部関係なく

 ウミガメの調査ができる同好会が欲しい”と

考えるようになり発足した「かめイズム」。


現在は 4年生 4人、2年生 6人、1年生13人の

計23名で活動中。

メンバーは理工学部、農学部、地域協働学部など

様々な学部学科の学生で構成されています。


いまは琴が浜におけるウミガメ調査を

行なっているそうですが

分かっていないことが多いので、

琴ヶ浜での調査を続けて行くとともに、

県内の他の浜での調査や

定置網に入ってしまったウミガメの調査、

ウミガメの学会での発表など

活動の幅を広げていきたいと考えているそう。


そして今後は、長期休みに

ウミガメ関連の施設がある場所

(沖縄県黒島や小笠原など)に研修に行くなど、

ウミガメを通して多くのことが経験できる会に

していきたいとおっしゃっていました。



♪今週のインタビューは⇒⇒コチラ   


スマホでFM高知の放送が聴けます!

wiz_radio_icon_650.jpg
posted by Hi-Six at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする